老化の原因

老化の原因とは?

 

老化の原因は、
色んな説が唱えられています。

 

 

一番多い考えは、
「人間の細胞には寿命がある」という考え方だそうです。

 

人間は毎日細胞を形成・修復し、
必要のない細胞は排出しながら
生きています。

 

 

そういった細胞の形成にも寿命があり、
その寿命が近づくにつれて、
老化が起こってくるのではないかという考えです。

 

 

他にも、
身体の中のホルモンバランスの分泌低下が、
身体に老化を与える原因なのではないかという
考えもあります。

 

 

ホルモンと言えば、
成長ホルモンや、睡眠時のメラトニン、
女性ホルモンや男性ホルモンなど、
細かく言えば、もっとたくさんの種類があります。

 

 

その各ホルモンの分泌が少なくなり、
バランスが崩れていくのちに、
老化が起こるんじゃないかという考えです。

 

 

 

そして、私たちもよく知っている
活性酵素。

 

活性酵素が細胞を酸化させて、
酸化した細胞が働けなくなり、
老化が進行する、という考えも有名です。

 

 

 

この「活性酵素」は、
私たちの生活習慣に深く関係している為、

 

聞いたことがある方も多いと思いますが、

 

 

 

ストレス、生活環境、
脂質の多い食事、
添加物の多い食生活など、
活性酵素を発生しやすい状況が、
私たちの生活習慣の中に、
たくさん潜んでいます。

 

 

 

老化の原因は完全には解明されていません。
私たちができることと言えば、
活性酵素を抑制することなんじゃないでしょうか。

 

 

それ以外の老化の原因は、
簡単には防ぎようがないことだと思います。

 

 

 

 

老化を防ぐ(アンチエイジング)をしようと思ったら、
活性酵素を発生させないようにすることが
一番手っ取り早い方法です。

 

 

それもあまり防ぎようがないからこそ、
アンチエイジングは大変なんですが…

 

 

 

いつまでも若々しく、健康でいたいなら、
老化の原因とも長い目で付き合っていかなければいけませんね。


このページの先頭へ戻る