アンチエイジング 3大対策

アンチエイジングの3大対策とは?

 

 

 

アンチエイジングの3大対策とは、

 

「抗酸化」
「デトックス」
「ホルモン補充」のことです。

 

 

アンチエイジングには
この3つの対策が重要だと言われています。

 

 

 

 

 

『抗酸化』とは、
活性酵素の発生による酸化を防ぐことです。
ビタミンやミネラルなど、

 

老化の原因である活性酵素の発生から身を守り、
酸化を防ぐことは、
アンチエイジングに効果的なことです。

 

 

活性酸素は、ウイルスや有害な細菌を殺して、
身体を守ってくれるものであり、
体内にはかかせないものなんですが、

 

 

 

あまり発生しすぎると、
細胞を傷つけて、身体を酸化させ、
病気や肌トラブルなどの老化現象が現われます。

 

 

普段活性酵素は、
必要な分だけ生成され、
余分な分は生成されません。

 

 

ですが、
加齢と共にその発生量も増え、
ストレスや肌への刺激、生活環境と共に、
その発生量は多くなります。

 

 

 

多すぎず、少なすぎず、
活性酵素の発生量バランスを把握しておかなければいけません。

 

 

 

 

『デトックス』とは、
身体から毒素を排出することです。

 

そもそも、体内にある酵素という物質が、
デトックスを行ってくれます。

 

食べ物を消化分解し、代謝を行い、
免疫力や自然治癒力を高め、
身体のエネルギー形成を行ってくれるんですが、

 

 

デトックスが正常に行われないと、
新陳代謝がスムーズにいかず、
体調不良になり、老化を促進させてしまいます。

 

 

 

アンチエイジングの為には、
この酵素の働きも重要になってくるんですが、
デトックスや老廃物の排出は、
老化対策には必要不可欠な存在なんです。

 

 

 

 

 

 

『ホルモン補充』とは、
人々は加齢と共に、
ホルモンの分泌量も不足します。

 

女性の場合に多いのが更年期障害、
男性の場合は抜け毛が代表的なんじゃないでしょうか。

 

 

身体の不調を軽減するためにも、
このホルモン補充は注目を集めているそうです。

 

 

成長ホルモンや女性ホルモン、男性ホルモンなど、
ホルモンを補充することで、
アンチエイジングができるというわけなんです。


このページの先頭へ戻る